トップ ニュース 作品とプロジェクト 略歴/ステイトメント 批評 コンタクト English

Madoka Chiba

千葉麻十佳


1982年札幌市出身
2003年に東京芸術大学美術学部に入学し、2007年に同大学を卒業。卒業時に大学が独自に選んで授与するサロン・ド・プランタン賞と平山郁夫賞を受賞する。同年同大学大学院彫刻専攻に入学し、2009年に修了。また、同年ドイツ学術交流会[DAAD]の奨学金を得て、ベルリン芸術大学に交換留学生として入学、卒業はせず翌年に美術作家として活動を開始する。2011年と2012年に前橋アートコンペライブでそれぞれ銅賞と審査員賞を受賞。ベルリンでは主にオルタナティヴスペースでの作品発表と展覧会企画を手がける。


主な展覧会に、光が射す(個展・ギャラリーオフグリッド/2019/福島)ウェザーリポート(栃木県立美術館/2018/宇都宮)、1000 Grad(個展・Hohhaus Museum/2017/ラウターバッハ)、The Melting Point; 石がゆれるとき(橘画廊/2016/東京)、第5回中之条ビエンナーレ(2015/群馬)、Ich kann mich nicht erinnern(Historischer Keller/2014/ベルリン)、Das unbewusste Naturgesetz(ベルリン日独会館/2013/ベルリン/共同企画・野村財団助成)、Kellerkinder(Historischer Keller/2013/ベルリン)、Water Tower Art Fest(2012/ソフィア)、blooming in the dark(Historischer Keller/2012/ベルリン/共同企画・朝日新聞文化財団助成)、Licht(個展・2011/札幌)など。2020年はアーティストインレジデンスで新潟市の「ゆいぽーと」に、2016年はアイスランドのオラフスフィヨルズゥルの「Listhus」に、2015年は札幌の「さっぽろ天神山アートスタジオ」に滞在。2021年は7月に「アーティストインレジデンスあさひかわ」、8月に「知床自然センター」に滞在予定。



アーティストステイトメント

私は自然現象を利用しながら、「光とは何か」をテーマに制作しています。自然光と人工光の区別なく光自体を作品に取り入れることが多く、歴史的な事象や今日の社会問題といった文脈と光を結びつけて作品を展開しています。光は美術において古典的な主題ですが、私の作品に使われる光は絵画の陰影やライトアートのようなものではなく、光の持つ科学的な側面に焦点を当てています。



光は様々な意味を内包しています:
昔は電気がなかったため、光を得るには太陽や炎からしかありませんでした。世界各地の土着的な宗教において、太陽や火は神とされて畏れ敬われました。しかし、現代社会において私たちはそれらをもはや神と崇めることはなく、むしろ光は物理的エネルギーとして解釈されています。再生可能エネルギーが典型的な例で、太陽光を活用するソーラーシステムに神性を感じる人はおそらくいないでしょう。そして、光は兵器でもあります。核爆弾は大量の光とともに多くの人や物を破壊しました。兵器ではないものの、核燃料も光を放ちます。光は時代とともに解釈が変わりましたが、私たち自らの手によって現在もなお恐怖の対象としてあり続けています。



私が光に関した作品を作る理由は、光が幅広い意味を持つとても興味深い対象だからです。光がないと生物は生きられないと言いますが、光によってもたらされる死もあります。「光とは何か」を追求することで、今日の私たち自身を可視化することに繋がります。